代表理事|山内 祐平



東京大学大学院情報学環 教授

1967年愛媛県生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退。大阪大学助手、茨城大学講師、助教授、東京大学大学院情報学環准教授を経て2014年より現職。
情報化社会における学習環境のデザインについて、開発研究とフィールドワークを連携させた研究を展開している。著書として「デジタル教材の教育学」(東京大学出版会)「学びの空間が大学を変える」(ボイックス出版)「未来の学びをデザインするー空間・活動・共同体」(東京大学出版会)などがある。日本教育工学会論文賞・研究奨励賞、2008年度グッドデザイン賞受賞。

Link
山内研究室
http://ylab.jp/

BEAT
http://www.beatiii.jp/

福武ホール
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/

 

副代表理事|中原 淳



東京大学 大学総合教育研究センター 准教授
東京大学大学院学際情報学府 准教授(兼任)

大阪大学博士(人間科学)北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院 人間科学研究科、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員等をへて、2006年より現職。

「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・織における人々の学習・コミュニケーション・リーダーシップについて研究している。専門は経営学習論、組織行動論。著書に単著「職場学習論」
(東京大学出版会)、その他共著に「企業内人材育成入門」(ダイヤモンド社)、「ダイアローグ対話する組織」(ダイヤモンド社)、「リフレクティブマネジャー」(光文社)、「経営科学ハンドブック」(中央経済社)、「学び学 ワークショップ」(東京大学出版会)など多数。働く大人の学びに関する公開研究会 Learning barを含め、各種のワークショップをプロデュース。

研究の詳細は、

Link
Blog:NAKAHARA-LAB.NET
http://www.nakahara-lab.net/

Twitter ID : nakaharajun

 

理事|堀田 龍也(ほりた・たつや)



東北大学大学院情報科学研究科・教授

1964年熊本県天草生まれ。東京都公立小学校・教諭,富山大学教育学部・助教授,静岡大学情報学部・助教授,独立行政法人メディア教育開発センター・准教授,玉川大学教職大学院・教授,文部科学省・参与等を経て現職。専門は教育工学。特に,ICT活用授業,情報教育,校務の情報化。学校現場の情報化全般について,教員や関連企業とタイアップした研究を精力的に展開している。内閣官房「教育再生実行会議第1分科会」委員,中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会「道徳教育専門部会」委員,文部科学省「ICTを活用した教育の推進に関する懇談会」委員等を多数歴任,教育の情報化に関する政策に深く関わる。

主著に「メディアとのつきあい方学習」(ジャストシステム, 2004)等。日本教育工学協会(JAET)・会長,日本教育工学会(JSET)・理事,日本教育メディア学会・理事,日本教育情報学会・理事。日本教育工学会研究奨励賞(1997),同論文賞(2009)受賞。博士(工学)(東京工業大学)。

Link
メディアと教育を考える
http://horitan.cocolog-nifty.com/

 

理事|森 玲奈 



帝京大学高等教育開発センター講師

帝京大学高等教育開発センター講師。東京大学大学院情報学環 客員研究員。東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。東京大学大学院情報学環 特任助教を経て現職。博士(学際情報学)。1977年12月東京生まれ。

学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、ワークショップやカフェイベントの 研究を中心に、生涯学習に関する研究と 実践を続けている。共著に『教育工学研究の方法』(ミネルヴァ書房)、『ワークショップデザイン論:創ることで学ぶ』。(慶應義塾大学出版会)。東京大学 主催のカフェイベント「UTalk(ユートーク)」を2008 年に立ち上げ、現在も継続中。企業や法人との産学連携共同研究にも積極的に取り組んでいる。2008年度日本教育工学会研究奨励賞受賞。2010年度日本 教育工学会論文賞受賞。

Link
個人HP:はりねずみの道具箱
http://www.harinezuminomori.net/

 

理事|藤本 徹(ふじもと・とおる)



東京大学大学院情報学環 特任助教

1973年大分県別府市生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。民間企業等を経てペンシルバニア州立大学大学院博士課程修了。博士(Ph.D. in Instructional Systems)。2011年より現職。東京工芸大学芸術学部非常勤講師等を兼務。専門は教授システム学。特にゲームの教育利用や社会的応用の研究、シリアスゲーム開発者教育に従事している。

著書に「シリアスゲーム」(東京電機大学出版局)、訳書に「テレビゲーム教育論」(同)、「デジタルゲーム学習」(同)、「幸せな未来は「ゲーム」が創る」(早川書房)など。コンピュータ利用教育学会理事。2012年度日本教育工学会研究奨励賞受賞。

Link
個人Blog
http://anotherway.jp

Twitter ID : tfujimt

 

理事|安斎 勇樹 



東京大学大学院情報学環 特任助教

1985年生まれ。東京都出身。私立武蔵高校、東京大学工学部卒業。東京大学大学院学際情報学府修士課程修了、東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。

商品開発、人材育成、組織開発などの産学連携プロジェクトに取り組みながら、創造性育成のためのワークショップの実践と評価の方法について研究している。主な著書に『協創の場のデザイン―ワークショップで企業と地域が変わる』(藝術学舎)、『ワークショップデザイン論ー創ることで学ぶ』(共著・慶應義塾大学出版会)がある。

Link
安斎勇樹 ポートフォリオ
http://yukianzai.com/

Twitter ID : YukiAnzai

 

監事|浜田 忠久



特定非営利活動法人市民コンピュータコミュニケーション研究会 代表理事

東京大学大学院学際情報学府 博士課程

グローバリゼーションと結びついた情報コミュニケーション技術(ICT)が人類社会にもたらす意味に注目し、グローバル・ガバナンスにおける合意形成への市民参加について、国連世界情報社会サミット、インターネット・ガバナンス・フォーラムなどを中心に数理社会学的実証研究を行っている。市民コンピュータコミュニケーション研究会は、市民や市民団体(NPO/IGO)に対して、インターネットをよりよく活用できるようサポートを行い、情報に関する市民の権利を確立する実践を行う特定非営利活動法人である。

Link
特定非営利活動法人市民コンピュータコミュニケーション研究会
http://www.jcafe.net/

 

監事|服部 直子



(株)ソシオエンジンアソシエイツ取締役副代表

広告代理店、関連シンクタンクにて、国際協力、環境・エネルギー、都市問題などの分野におけるソーシャル・コミュニケーションを担当、現職に至る。現在、市民・大学・企業・行政が、新しい価値に基づいた社会的事業・ビジネスを開発する上でのリサーチからプロデュースまで取組んでいる。学習環境・教育、科学リテラシー、リスク・コミュニケーション等の分野の実績、及び継続プロジェクトがある。

Link
(株)ソシオエンジンアソシエイツ
http://www.socioengine.co.jp/index.shtml

 


Copyright (c)2011 Educe Technologies. All Rights Reserved.